新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【及川 啓史】#部活の思い出

こんにちは!品川CC WILDCATS 広報です。今、チームではコロナウイルスの影響で活動を自粛しており、ファンの皆様もバスケットボールを見ることができず、退屈されているのではないでしょうか。そこで、品川CCでは、PREMIERE選手5名に協力してもらい、3つのテーマに沿って、noteの更新を行っています!

本日のテーマは「#部活の思い出」です。選手たちの中学や高校、大学での部活の思い出を中心に聞いてみました。

本日は最後の選手、及川 啓史選手です。

及川選手はチーム立ち上げからメンバーとして活躍している選手です。詳しくは、こちらの選手発表の際の記事を御覧ください。

及川選手の部活の思い出は、本格的にバスケを始めた高校時代でのことです。当時は今よりも部活動での体罰は多く、及川選手の顧問は体育大学の出身ということもあり、手を出されることが多かったのです。
先輩から手を出されるのは高校2年以降と聞いていたのですが、及川選手は入部数週間で手を出されてしまい、話が違うと感じたようです。

しかし、その顧問のことは嫌いではなく、むしろ教員の中で一番好きな人だと言います。

先輩の中では一度も手を出されたことのない人もいて、一年生でも手を出されている及川選手はからかわれたりしていたそうです。しかし、その先輩たちは試合には出ておらず、及川選手は一年生でも後半から試合に出ていました。手を出されずに試合に出れないよりも手を出されても試合に出れるほうが良く、期待されている、と責任感を感じたのです。

当時教わったことは「服は畳む」「挨拶はする」「靴は揃える」など人として学んでおくべきことばかりでした。そのような部分をしっかりしているかどうかで物事の捉え方も変わり、感謝する気持ちや思いやりなどの教育は大きな財産になったようです。

また、当時から及川選手は指示されたことは基本的にできたといいます。そして、できないチームメイトがいたらそのことでキャプテンでも副キャプテンでもない及川選手が怒られていたのです。顧問には、自分ができて当たり前で他の人にできるようにさせて一人前、といわれ、後輩やできない仲間に練習のアドバイスをするなど、引っ張る能力はそこで学んだのです。

選手たちの「#部活の思い出」ご覧いただきありがとうございました!学生時代に部活動で教わったことは財産になります。たくさんのいい思い出が聞けてよかったです。
次回からテーマが変わります!是非ご覧ください!

#部活の思い出 #3x3 #3x3exe #バスケ #品川cc 

この記事が参加している募集

部活の思い出

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いいたします!いただいたサポート費はチームの活動費(交通費など)とさせていただきます!

🐈当たり🐈今日はきっといいことあるニャ!
13
品川の港南(港区港南)エリアを本拠地とする3人制バスケットボールチーム。日本一のチーム、そして世界で戦えるチームを目指します。地域とのつながりを大切にして、地域貢献活動を行います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。